フコイダンを原料にした健康商品には、高分子型の商品と、低分子型の商品があります。この二つの違いですが、前者は体内での吸収性が低く、後者はそれが高いことが確認されています。そのため体内で効率的に吸収して健康作用を希望する場合では、後者の商品を購入することがベターになります。しかし、研究内容によりましては、本来吸収性が低い筈の前者の方が、健康作用では高い結果が認められたという報告も出ています。そのため前者の商品が全く健康作用が無いという訳ではありませんので、双方とも有効に活用できる商品と呼べます。また、相性という要素もありますので、人により合う商品と合わない商品もあります。分子構造の面でも選択肢がありますと、それだけ相性の良い商品を見付ける場合にも有利になりますから、先ずは双方を試してみることも良策です。

分子の違いも考慮に入れたフコイダンの正しい選び方

フコイダンとはワカメ、コンブ、モズクやメカブなど緑色ではなく茶色っぽい色をした海草に含まれるヌメリ成分で、水溶性の食物繊維の一種です。研究もさかんで抗がん作用、血圧やコレステロールの低下、高ウィルス作用などが解明されています。フコイダンの情報はとてもたくさんあり、主張もそれぞれなので選ぶのがとても難しいようです。選択肢が多すぎるので聞いたことがあるような商品名なら安心して安易に決めてしまったりすることも多いといわれています。フコイダンには高分子、低分子の2種類があります。高分子は吸収は良くはありませんが体内できちんと機能を発揮します。低いほうは吸収はいいものの身体の中での機能性は低いようです。ですから単純に高いほうがいいわけではなくどちらを選択するかは摂取量の違いによって変わってきます。あまり馴染みのない食品を利用するときには効能の高さだけに惑わされず自分で情報を収集して健康に役立てたいですね。

フコイダンの分子の違いは吸収率にある

毎日の暮らしに、今話題のフコイダンを取り入れようと商品をチェックした場合、低分子や高分子という商品を見掛けることが多くなっています。どちらが良いのか判断に困ることもありますが、吸収率ということを考慮に入れますと、低分子の商品の方が適切になります。これが高い場合では人の腸で吸収することができませんので、いくら摂取しても、吸収されることなく殆どの物が体外に排出されます。そのためフコイダンが持つ優れた働きを期待する時は、吸収率の良い商品を選択することが不可欠になります。今ではこのタイプのフコイダン商品を専門に販売するブランドもありますので、色々チェックすることが得策です。特にインターネット通販には、店頭で購入不可能な通販専用商品が販売されている場合が多々あるため、魅力的な商品と出会えることがあります。