フコイダンの研究は1913年にスウェーデンにてスタートし、海藻類に含まれている特有のヌメリ成分が健康に良いことが後に広く知られるようになりました。フコイダンには抗がん作用やコレステロール低下作用、抗ウイルス作用などがあり、高分子多糖類の総称となっています。体に吸収されやすいように低分子化したものがありますが、小さくし過ぎてしまうと違うものになってしまいます。一方で高分子のままで体内に取り込むと、免疫力が高まるという効果が得られます。糖尿病といった生活習慣病などに効果があるため、有効成分が多く含まれているモズクやメカブを毎日摂取すると効果的です。しかしこれら海藻類を摂取し過ぎると塩分やカリウムをとり過ぎてしまうという問題もあります。従って毎日手軽に摂取することができるサプリメントの利用がおすすめです。

低分子化されて健康食品に利用されているフコイダン

分子量サイズが20万から30万で、硫酸基を持つ多糖類に属するフコイダンには美容や健康あるいはがん予防効果があるとする研究レポートがあるので、昨今の健康志向ブームに女性の美しさへの憧れが加わり、この成分を多く含むもずくやめかぶ等の海藻類が様々な健康食品に加えられています。しかしながら、これらの海藻類のぬめり部分に含まれている状態ではサイズが大きすぎて、体内へ取り入れても殆ど吸収できずに排出されてしまうので、商品化するための製造工程でサイズを精々2、3千程度まで小さくして吸収しやすい状態にしているといわれています。ところが、この工程で本来のフコイダン成分が細かく分解されても期待される効果を示す成分になっているか、正確な分析調査が行われているわけでなさそうですから、健康食品の中にはもう少し大きめの分子量に抑えている商品もあるようです。フコイダンを含む海藻類を原料として数多くの健康食品メーカーが独自の製法で加工し、商品化していますが、サイズと体内への吸収割合や吸収速度との関係が研究発表されているわけでありません。元々、20万から30万の分子量のあった成分が100分の1程度のサイズまで切断された成分と同じものだと言えないこともあるわけです。従って、健康食品に頼り過ぎた健康志向は考え物だといわれています。

分子種類によって異なった効果のあるフコイダンです

健康効果のあるフコイダンは、海藻類等の粘りの部分に多く含まれています。癌予防である抗酸化作用や血液をサラサラにしてくれる健康効果と疾患予防が人気です。フコキサンチンと呼ばれるせい分は、アポトーシス誘導作用で癌細胞の自滅効果が期待出来ます。その為に多数のサプリメント等の健康食品が販売されています。このフコイダンの健康食品の購入には、正しい選び方が必要です。それは、健康効果のある抽出方法が影響しています。高分子方法と呼ばれる抽出では、健康効果のあるせい分の吸収は良くないのですが、体内で機能性の高く発揮する事が出来ます。また低分子では、吸収は良いが体内で機能性が低くなる事があります。またヒバマタ海草の種類は、アポルバノイドを多く含んでいます。このアポルバノイドは、フコイダンの高水準の種類です。また健康効果が高くなる為に分子サイズで抽出を行う事が注目されています。

当社の強みは、海藻から抽出の天然成分100%の安心安全な商品で各大学の先生方も推奨される商品の取り扱いです。 がんの他に、アレルギーや高血圧にも効果があります! パワーフコイダンは医師と共同で研究し誕生しました。 硫酸基というフコイダンの成分が13%以上あるものを選ぶのがおすすめ! 当店の対象エリアは、電話やFAX、インターネットなどからの注文後に商品を発送しますので、全国を網羅しています。 パワーフコイダンのこだわり超低分子加工について